2012fivestar

2012年もかなり英語学習は好調で読んだ洋書は95冊となりました。語数も1,781,563語と200万語に近い数字となっています。思えば5年程度続けていると読むペースも上がったんだと思います。

5つ星はまた2冊のみです。これだけ厳選して評価しているので5つ星の本でももちろん好き嫌いはありますが、楽しんでもらえると思っています。




A to Z Mysteries: The Vampire’s Vacation (A Stepping Stone Book(TM))

A to Z Mysteries: The Vampire's Vacation (A Stepping Stone Book(TM))


A to Z MysteriesシリーズVの作品。22冊目にして5つ星。シリーズ物はどうしても全体で評価してしまいますが、それでも5つ星つけました。もちろんシリーズ全体は多読推奨として5つ星。


YL3.1/語数8,411

(2012/12/10読了)


The Tale of Despereaux: Being the Story of a Mouse, a Princess, Some Soup, And a Spool of Thread [Rough Cut]

The Tale of Despereaux: Being the Story of a Mouse, a Princess, Some Soup, And a Spool of Thread [Rough Cut]


2004年ニューベリー賞大賞。交錯する楽しい王室物語。でも主人公は「ねずみ!?」


YL4.5/語数32,375

(2012/02/26読了)

AtoZ Mysterisシリーズは多読をする人にとってはもはや定番の有名作です。アマゾンでもセット販売していると思います。比較的短くストーリーが完結するので読みやすいですね。私は和書の「ズッコケ探偵団」でしたか?懐かしい感じもしました。

2つ目はニューベリー賞から、迷ったらニューベリー賞を読むのもいいですね。子供向けでも内容に深みがある事が多く好き嫌いは出ると思います。学校推薦図書みたいなのじゃなくて、皆がおすすめ本が読みたいという人もいるでしょう!

Children Choice Book Awards K-G2 シリーズ

そういった方は子供が選ぶ賞シリーズが良いかもしれません。