日曜日にスタバに行ってきました。読書にふけるためです。
窒息するほど集中して、日曜日中にハリーポッターの2作目読み終わりました。
そんな分けでレビュー行きたいと思います!

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)
Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)J.K. Rowling

Bloomsbury Publishing PLC 1999-05-28
売り上げランキング : 1531
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:85,141 / YL:9.5 / オススメ度:★★★★★




1作目を読み終えたあと連続して、2作目に入ったのですが
これはちょっと失敗したかなと思ってます。
物語の冒頭部分は、1作目から続いていますが一応登場人物は
補足説明されています。1年ぐらい明けて読まれる配慮がされているんですね。

今回のページ数は251ページでしたが、怖いものなしで進めました。
よく読書している成果が出ていると思います。日曜日は100ページぐらい
読んだと思います。結構読めるものですね(窒息寸前でしたが…)

内容に関しては、映画を見ている方が殆どだと思うので
ほぼ一緒でした。映画の場面を思い出しながら読んでいる部分もありました。
やっぱし映画で先に絵を見ていると読んでるときに、登場人物などの想像は
映画の人になりますね。逆から見た人はどう思うのでしょうね。
映画に対して厳しい見方するのでしょうね。それだけ名作を映画化することは
難しいんだなぁと思います。といいつつ、他の本を読む間に
DVDでもう一度ハリポタを見たい気持ちでいっぱいです。
こんなけ本で予備知識持ってみると、また違った見方が出来そうです。

今回、気になった登場人物は「トイレの花子さんMyrtleです。」
だってこの単語読めないんだもん。結局最後まで適当に読んでました。
カタカナでも説明できない読み方です…そのあたりを映画で確認したいですね。

最初の方の展開は、結構ゆっくりして読むのが遅くなりましたが
最後の流れは怒涛のスピードで読める内容でした。
Dobbyも読んでいて結構腹が立つのですが、自分は最後まで腹が立ちました[:あっかんべー:]
このあたりは映画で見るよりゆっくり進んだ洋書での感じ方の違いだと思います。

総合的な感想としては、やっぱし全世界に読まれる本ですね!
自分も絶対、全部読みたいと思ってます。次の章の本を読むとき
さぁ、魔法の国へようこそ!って本に言われているような
そんな世界に引き込まれるような本だと思います。
3作目も楽しみにしてちょっとだけ休憩に入りたいと思います[:楽しい:]

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)

今回は251Pでしたので、MP4162Pにアップです!ついに4000を超えた!