当サイトのカテゴリ分けに使用している(YL)に関しての説明です。

YL=読みやすさレベルの略です。
YLを提唱しているSSSによると

SSSで、多読クラスの生徒を観察している教師の意見、多読をしている大人の意見から、総合的に、普通の英語学習者にとっての読みやすさを0.0から9.9までの数値にしたもの。数値が小さい程読みやすい。YL0.0-0.9 の本をレベル0の本、YL1.0-1.9の本をレベル1の本などという。人によって、読みやすさ感は違うので、YLが高くても読める本もあるし、YLが低くても読めない本もある。数値にこだわることはないが、それでも、目安としては非常に役に立つ。

と書いてあります。

つまり読んでいる人の意見から作られているので、厳密なレベル分けではありません。

しかしながらこのYLというレベル分けは、これから読書をしようと本を探すにあたって非常に
役に立ちます。本の難易度というのは読む人のレベルによっても様々で一様に決めることが
出来ません。ある人の簡単は、人によっては物凄く難しかったりします。
自分のサイトでもレベル分けを客観的に行えるようYLを表示することにしています。

一応のレベルの目安は以下のとおりです

レベル0⇒(語彙250語レベルまで または1500語以内の読み物)
レベル1⇒(語彙500語レベルまで または 3000語以内の読み物)
レベル2⇒(語彙800語レベルまで または 5000語以内の読み物)
ここまではとにかく、たくさん読んじゃいましょう!

レベル3⇒(語彙1300語レベルまで または1万語以内の読み物)
レベル4⇒(語彙2000語レベルまで)
レベル5⇒(語彙2800語レベルまで)
レベル3あたりから物語の深みが、面白くなってきます。

レベル6以上⇒Greded Readers系の最上位にあたる程度(語彙3000語以上)
この先から一般のペーパーバックも読んで行きましょう!

是非参考にしてください!またYLの輪がより広がればいいなと思っています。