朝の通勤時、電車に乗っていると
高校生がPenguin Readersを読んでいるのを発見しました。

その高校生は、エナメルバッグを持っていて
坊主頭で恐らく野球部なんだろうなという面持ちでした。

朝の通勤時には、単語帳や単語記憶の為に作った
メモ帳(裏返すと訳が載っているペラペラするもの)
を見ている高校生はよく見るのですが、
洋書を読んでいるのはあまり見ません。

高校生が自主的に、学校の英語の勉強の補助として
洋書を読んでいるとしたら喜ばしいことですね。

「やるねぇ、君」って声かけたくなりましたよホント。

ただ自分はちょうど「Captain Underpants」を
読んでいるところで、少し恥ずかしくカバンから出せませんでした…