先日、レビューをしたBridge to Terabithia
で白紙部分が3ページあった
と書きましたが、どんな状況なのか画像を公開します!

Bridge to Terabithia
Bridge to Terabithia

全部で191ページの作品になりますが、

問題部分1:62ページ目
62p.JPG

問題部分2:75ページ目
75p.JPG

問題部分3:86ページ目

86p.JPG

丁度、物語の真ん中部分に集中しています。
読者に登場人物の感情移入をさせる出来事シーンのようなところで
ここで、感情移入できなかったら、やはり後半に響きます!

見えない部分と、普通の部分の比較をすると一目瞭然です!
62p_up.JPG85p_up.JPG

ぼんやり映っているように見えるのは、ページの反対側の文字です…

現在、購入した紀伊國屋書店で交換の手配を
して頂いていますが、すでに自分は読みきってしまっています。
洋書を読み始めて、途中で2~3週間も続きを読まずに待ってられません。

紀伊國屋書店さんのありがたいのですが、残念ですね。
ただ購入後すでに3ヶ月以上も経ってるものなのに、
メールで連絡すれば、すぐにお取替えの手配を致しますと連絡いただきました。

Bridge to Terabithia自体は、少し古い作品だなと
言う感じもしましたが、Newbery賞を取ってるだけあり、
後半からの急展開が、読者を引き込ませる面白いものでした。

面白いものだっただけに、残念でしたが…