2009年は本当にたくさんの本を読みました。
その成果もあってか?TOEICも900点を達成でき、
多読効果を存分に味わいましたが、改めて読んだ本でベストだったものを紹介します。

まずは143冊の中から5つ星をとったノミネート8作品です!

1.Kira-Kira
YL5.7/語数44,201
⇒日系アメリカ人が書いたNewbery賞受賞作品。日本に関係あるのも
読みやすく、文体も良い感じでした。

2.Dragon Ball Box Set (Vol.s 1-16): Volumes 1 – 16
YL4.5/語数5,000~10,000
⇒日本を代表する漫画を洋書で、漫画多読の新しい分野に。
 名作だけに英訳も結構凝ってるのが感じられます!

3.Return to Del (Deltora Quest)
YL5.5/語数26,937
⇒デルトラクエストの最終巻。デルトラクエストは最後まで読んでビックリの謎が解ける。
私は作者のロジックにやられてしまいました!

4.The Invention of Hugo Cabret: A Novel in Words and Pictures
YL4.0/語数26,857
⇒この本は絵本を超えました。芸術作品といってもいいと思います。
絶対一度は読んでおきたい本。凄いです。

5.Cirque du Freak (The Saga of Darren Shan No.1)
YL5.3/語数48,726
⇒ハリポタ作者もオススメのこの本。日本では漫画でも人気。
実はダレンシャンは二つ5つ星を取ってます。ベスト本最有力か?

6.The Man Who Walked Between The Towers (Caldecott Medal Book)
YL2.0/語数780
⇒今は無きニューヨークツインタワーを渡った人がいることをあなたは知っていましたか?
絵本とマッチして凄い良い作品に仕上がっています。

7.Best Read-It-Yourself Book Ever! (Giant Little Golden Book)
YL2.0/語数4,500
⇒Richard Scarryの絵本は皆大好き。何故かあの間抜けなキャラたちにはまってしまいます…

8.Fables
YL3.5/語数5,376
⇒アーノルド・ローベル(Arnold Lobel)の名作。大人も読める20の作品。風刺の原点を感じます。

以上、8作品の中から1つを決定したいと思います。
というか私自身、どれも凄いと感じた作品です。

投票式のアンケートを取ってみて読者さんに決めてもらってもいいぐらいです。
(読者賞というのでやってみようかな・・・)

とにかく決めますので、楽しみにお待ちください。
またタドキストの皆さん、読んでない本があれば読んでみてくださいね!