私は以前から気になっていた『kindle』がいよいよ日本に上陸するようです。
英語学習上達への道 ENGLISH QUEST
書きましたが、どちらかというとこちら向きの記事ですね。



kindleとは…?

Amazon.comが販売する電子ブックリーダーである。2007年11月19日にアメリカ合衆国で発売が開始され、2009年2月より第2世代のKindle2が発売された。2009年6月26日には9.7インチディスプレイを搭載し、PDFリーダーを標準搭載したKindle DXが発売された。価格は発売当初399ドル(約4万円)であったが、その後359ドルに値下げされ、2009年7月8日には299ドルに再度下げられた。日本を含む海外市場での発売は2009年10月19日に予定されている(発売価格270ドル(約2万4000円))。

持ち運びが出来て、ダウンロードで書籍や新聞雑誌などの記事が読めるという代物です。
いつか本を読むためのポータブル装置が出ると思っていましたが、
さすがAmazonがやるんだなぁと思ってました。

今回日本で販売するのは英語版なので英語関係しか使えないようですが、
英語学習者にとっては興味のあるものでしょう。

でも洋書に関しては紙ベースで読めて、棚に並んでいるのを楽しむ
というのもあるので、賛否両論の商品ですね。

タドキスト的には…
洋書読みの人たちは、英語のレベルや、語数などが気になるところですよね。
この辺りをAmazonがデータ化してくれれば、
例えば、Kindleを使って自分に合いそうなものを検索…
早速ダウンロード、そして読み終えるとそれを記録といった使い方が出来れば…

タドキスト必携の英語学習ツールになるかもしれませんね!!


まだまだ機能面で微妙なところがあるのも事実ですが、
今後が非常に楽しみなツールだと思います!