このサイトでは、読書レビューの時に必ず語数・YLとオススメ度を
記載しています。皆さんの本探しの参考になればと考えています。

しかし、オススメ度に関しては私自身は辛口評価になっているので
多分、他の方より評価が厳しいと思います。
そのあたりを知ってほしいと思いこのページを作りました。

※人の読書の評価は、それほど当てになるものではないと思います。
 是非、人の評価が低くても内容が気になれば、是非読んでみるべきだと思います。
 本って高いものではないですし、
 あなたの生き方を変える大きなパワーすら持っています。


一応、評価の基準ですが、

・★5つ ★★★★★
最高点です!文句なしにオススメで是非、誰にでも読んでいただきたいと思った本です。
心の中が熱くなったり、泣いてしまうような感動作や
これは洋書読みなら通ってほしい本と感じた場合、この評価です。

多分10%ぐらいの確率でこの評価を与えています。

・★4つ ★★★★☆
かなりオススメです!素直に読んで共感したとか、
感動を感じたものは★4つにしています。
★3つになっていない何か理由があるから評価を上げています。

・★3つ ★★★☆☆
普通ですね。面白かっただけでもこの評価です。
面白くて当然の意識で読んでいるので、それだけでは普通評価です。
この点を与える書籍が一番多いかもしれません。

・★2つ ★★☆☆☆
面白くなかった場合、評価を下げています。何冊かつけています。

・★1つ ★☆☆☆☆
読むのが苦痛だった本。あまりつけたくないとは思ってますが
つけている本もあります。
でも名作だったりするので、私が1を付けるものは人にとっては
驚きのあるいい本かもしれませんね。

と、こんな感じです。
とにかくやはり★5はオススメですね。本探しでお迷いの方は
星五つでYLレベルが近いものを選んで最初読んでみてはいかがでしょうか?