Hoot
Carl Hiaasen
Yearling (2005-12-27)
売り上げランキング:14957位
語数:61,113語 / YL:7.0 / オススメ度:(3.0)

Amazonのレビューが結構付いていて高評価だったので読んでみました。
(後で見直すと、日本語訳版が出ていてそれの感想の人も多いです)

ニューベリー賞2003年のオナー賞作品でもあります。

なんといっても表紙がかわいいのでつい手にとってしまう作品です。
タイトルもHOOTとシンプルで、さらに表紙の絵で途中から何の話かわかります。

最初の方が登場人物の切り替えが結構あったり、謎めいた書き回しが多いので
慣れてくるまではちょっと読むのに疲れます。
ただ後半は逆に、シンプルな展開でページが進むと思います。

私の場合は途中でゆっくり期間を空けて読んじゃったので、
もうすこし一気に読めば良かったと思いました。
空けて読むと謎めいた書き回しが鬱陶しく感じるかもしれません。

環境問題や、学校のいじめ的な問題?(学校関係)、そして大人と子供の関係、
個々の思惑なんてものが混ざった作品ですが、善悪がシンプルに書かれています。
その為、読了感は深くないもののスッキリです。

ニューベリー賞の保証?も付いてますんでオススメはしておきます。
(私がもっとダラダラと読まなかったら★4つにしてたかもしれません。)

Hoot