ルイス・サッカーのバイオグラフィー
1954年、米国、ニューヨーク生まれ。

学生の頃に父親が他界している、
そのためフラー・ブラシ社というところで訪問セールスマンとして主婦に雑貨を売る毎日が続く。

しかしバークレーのカリフォルニア大学で再勉強、経済を専攻する。
その中で、 ティーチャーエイド(子供達に勉強を教えると、単位がもらえる)に参加し、
ヒルサイド小学校で子供達に本を読み聞かせたりしていた。
その時読み聞かせていた本に面白いものがなく、自分で書いたのがすべてのはじまり。
(サッカーのホームページに詳しく書いています。また作品ではその頃の作品が
あったりします。)

タドキスト達絶賛のベストセラー作品『Holes』で、1999年ニューベリー児童文学賞受賞。

ルイス・サッカーの公式サイト(英語)

ルイス・サッカーの代表作品一覧


Holes
Holes
ニューベルー賞受賞の代表作。
殆どのタドキストが一度は通るような作品。
100万語を超えてGR系に飽きてきた人には、挑戦して欲しい。

Wayside Schoolシリーズ。サッカーの処女作的作品
The Wayside School Collection Box Set
The Wayside School Collection Box Set
不思議な感じだけど、たくさんの生徒の特徴が楽しい。

Marvin Redopstシリーズ
Kidnapped at Birth? (A Stepping Stone Book(TM))
Kidnapped at Birth? (A Stepping Stone Book(TM))
おバカな学校生活が普通に面白い!

ルイス・サッカーの作品年表一覧


発表年 題名 語数 YL
Sideways Stories From WaysideSchool series
1978 SidewaysStories from Wayside School (rack)
19,844 4.4
1989 WaysideSchool Is Falling Down (rack) 27,651 4.3
1989 SidewaysArithmetic from Wayside School 7,012 4.5
1994 MoreSideways Arithmetic from Wayside School 8,619 4.5
1995 WaysideSchool Gets a Little Stranger 23,117 4.3
Marvin Redpost series
1992 Kidnappedat Birth? (A Stepping Stone Book(TM))
5,209 2.5
1993 WhyPick on Me? (A Stepping Stone Book(TM))
4,631 2.5
1993 IsHe a Girl? (A Stepping Stone Book(TM)) 6,119 2.4
1994 Alonein His Teacher’s House (A Stepping Stone Book(TM)) 6,698 2.5
1999 ClassPresident (A Stepping Stone Book(TM))
5,845 2.5
1999 AFlying Birthday Cake? (A Stepping Stone Book(TM))
7,249 2.5
2000 SuperFast, Out of Control! (A Stepping Stone Book(TM))
7,350 2.5
2000 AMagic Crystal? (A Stepping Stone Book(TM))
7,962 2.5
Holes series
1998 Holes
46,938 6.4
2003 StanleyYelnats Survival Guide to Camp Green Lake
15,000 4.5
2006 SmallSteps 48,074 5.5
Other Books
1983 SomedayAngeline 27,555 4.5
1983 Johnny’sin the Basement (Avon Camelot Books) 24,948 4.0
1987 SixthGrade Secrets (Apple Paperbacks) 34,982 4.5
1988 There’sA Boy in the Girl’s Bathroom 35,483 4.4
1989 TheBoy Who Lost His Face 39,273 5.5
1991 DogsDon’t Tell Jokes 32,407 4.7
1992 MONKEYSOUP(絵本) 800 1.8

タドキストの殆どの人が通っている作家です。
シリーズで出ているのも単発の本もどれも面白く高評価です。
Sacharの本を一冊読んで面白ければ、続けて読むといったことが出来ますね!

ストーリーテラーと呼ばれ、物語のロジックの組み立て方がうまく
読んだ後の爽快感がたまらないです。
YLレベルもたくさんありますので、レベルに合わせてシリーズ物を読んでみるのもいいですね!