Nate the Great Goes Undercover
Marjorie Weinman Sharmat
Yearling (1978-03-15)
売り上げランキング:1744位
ページ数:80ページ
語数:1,524語
YL:1.8
オススメ度:(3.0)

Nate the Great2冊目。
今回の話は、謎解きとしては分かりやすく面白みもあまりないかもしれない。

ただ韻を踏んだ、文章の雰囲気や出てくるキャラクターなどはこれからを期待される。
Oliverが出てくるが、いきなりpestって言われている。
このキャラクターは今度もずっとこんな感じ、Esmeraldaやその他のキャラクターの
登場にも注目。このシリーズは続くので、こういったキャラを好きになるのも大切だと思います。

最後のActivityが個人的には良かったです。
夜行動物たちの習性など楽しいです。Opossumは挿絵を含め笑えました。

Nate the Great Goes Undercover