The Girl Who Cried Monster (Goosebumps)
R. L. Stine
Apple (1995-08)
売り上げランキング:1372388位
語数:23,241語 / YL:4.0 / オススメ度:(4.0)

Goosebumpsシリーズはどの巻も1話完結で終わるのでいいですね。
私は1冊目から順番に読んでいますが、たくさん出ているのでまず1話目を読んだら次は
タイトルからおもしろそうと感じる作品を読んでみてもいいかもしれません。

私はこの本のタイトル”The Girl Who Cried Monster”ってどんな結末になるんだろう?って
興味を持って読みました。いつもの気持ち悪い部分とドキドキハラハラの展開。
そして結末は、個人的に結構やられました。起承転結の「転」がいきなりやってきて、
「えっ?俺英語読み間違えてないよな?」と読み返すぐらいの急展開です。

星5つぐらい挙げてもいい読みやすさと、面白さがありましたが、
シリーズ全部で星5つということで今回は星4つとしておきます。

このシリーズは続きものではないので、他の学習や他の多読の合間にちょっとしたスパイス本として
読むと勢いが付きそうです。ホラー系の需要ってこういうところにあるんですね(笑)

The Girl Who Cried Monster (Goosebumps)