1998年のコールデコットオナー賞の作品です。
アメリカで良く知られる作者不詳の歌を、ボードブックとして
絵本にしました。

There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly (Caldecott Honor Book)
There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly (Caldecott Honor Book)Simms Taback

Viking Juvenile 1997-09-01
売り上げランキング : 17375
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:400 / YL:1.5 / オススメ度:★★★☆☆


タイトルを見ると、なんで?と思って読みたくなる本です。
何故、おばあさんは「ハエ」を飲み込んだのか?

ページをめくることに、だんだん話が進んでいって
「こういうオチが来るのかな?」と思ってたら
違ってました。

「えっ?そうなっちゃうの?」
さすが作者不詳の歌ですね。

しっくり来ないオチだったのは、作者不詳で親しまれた歌を
考えれば仕方ないですね。逆にインパクトありました。

歌が元になっているので、ページめくりは楽しいです。
できればリズムに乗りながら読んでいけばいいと思います。

There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly (Caldecott Honor Book) 
▲途中で予想したのと違う結末でした。さすが童謡?