久しぶりの洋書レビューになります。

The Twelfth Angel
The Twelfth AngelOg Mandino

Ballantine Books (P) 1996-08
売り上げランキング : 7000
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:40,000 / YL:6.5 / オススメ度:★★★★★




何気に2ヶ月近く空いてしまったのかな?
ただこの本が難しかったのではなくて、自分が忙しかったためで
この本はスラスラ読めました。意外と簡単な英語で書かれていると思います。

表紙から想像できるように、野球が物語に関わっています。
素直に物語を読み入っていくと、目頭が熱くなるシーンが
2,3ありました。いい作品だと思います。

内容は、成功を収めた主人公が妻子を交通事故でなくし、
生きていく価値すらないとまでなってしまうのですが
そんな中、リトルリーグの監督になることになります。
そのチームに入ったTimothyの決して諦めない気持ち
「Never Never Give up!」その心に取り入られる主人公。
リトルリーグの試合の流れとマッチして、主人公も心を取り戻します。
ここまでは想像も付きますが、最後にもう一つ重大な事実が…!

阪神タイガースが星野監督で優勝したときのスローガンは
「Never Never Never Surrender!」でした。
同じものを感じました。この気持ち大切ですね。

ちょっと何故か他の本に比べて値段が高いですが、
素直にオススメできる本ですが、内容はある程度読めちゃうので
本当に素直な気持ちで読んで欲しい本ですね。
何かに躓いてる人、団体プレーのスポーツをしていた人に読んで欲しいです。
The Twelfth Angel

今回は164Pでしたので、MP3557Pにアップです!