The Little Mermaidは今読んでいる本、Andersen’s Classic Stories
に一番目に収録されています。

アンデルセン・クラシックス (洋販ラダーシリーズLEVEL1) (洋販ラダーシリーズ)
アンデルセン・クラシックス (洋販ラダーシリーズLEVEL1) (洋販ラダーシリーズ)ハンス・クリスチャン アンデルセン

アイビーシーパブリッシング 2005-07-01
売り上げランキング : 115584
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:12,410 / YL:3.2 / オススメ度:★★★★☆




リトルマーメイドって、ディズニーのイメージがあって
アンデルセンの童話とは知りませんでした。
最初読んでいると、なんとなくたるーい感じの描写があって、
やっぱり女の子向けなのかなって、つまらなく感じてましたが
なんのその、さすが名作だけあってどんどん引き込まれて
今日は、最後まで読みたくてお風呂でふやけてしまいました…

結末を知らなかったのですが、さすがアンデルセンの童話って
感じの終わり方なんですね。
感銘を受けちゃいました。オススメです。
続けて「ナイチンゲール」に入ります!

mermaidの男版はmermanらしい…ちょっと想像したくない…

MP54アップです!

その後…
The nightingale
The emperor’s new clothes
の二話を続けて読みきりました。

二つで1時間ぐらいで読みきれます。そんなにも掛かってないかも。
ナイチンゲールと聞くと有名な看護婦さんの方を
思い出すのですが、鳥の名称なんですね。
ナイチンゲールもそこから取ったのかな?

The emperor’s new clothesは日本でも有名な裸の王様の話です。
みんなが、みんな知ったかぶりをすると
自分だけおかしいのかな?と勘違いしてしまう。
単純だけど面白い話ですね。

どちらも簡単な英語なので、スラスラと読めました。
とはいっても、簡単な単語ではあるけど構文は「ん?」って
思えるところもありますよ。

アンデルセン・クラシックス (洋販ラダーシリーズLEVEL1) (洋販ラダーシリーズ)
26ページと13ページを読みきりましたので
MPに39アップです!あわせて670になりました!