ガンジーの言葉に
「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」
というものがあります。深い言葉でハハーって感じです。
ちなみに英語では
“Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.”

ガンジーについて詳しく知らないので、知りたいと思って読んでみました。

Gandhi (Penguin Readers: Level 2)
Gandhi (Penguin Readers: Level 2)Jane Rollason

Longman Pub Group 2004-08-09
売り上げランキング : 511
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

語数:4,749  / YL:2.1  / オススメ度:★★★★☆


インド独立の父、無抵抗主義あたりが自分がガンジーについて理解している部分です。

つまりさっぱり良く分かってません。学校とかで詳しく習いませんからね。
なぜか資料集とかの写真がインパクトあるためガンジーという名前だけが
学校ではもてはやされている気がします。

そんな状況でこの本を読んだんですが、
熱い男ですね、ガンジーは。そしてインドの歴史にも少し詳しくなれたと思います。

インドとパキスタンの関係も実をいうと無学な私は良く分かっていませんでした。
この両国は今でも、関係は良くないですもんね。
このあたりの事実を学ぶことも出来ます。

2度の世界大戦の中、インド独立と共に生きたガンジーの思いが
この本の中に、簡単な英語で纏められていて、素晴らしい本だなと思います。
是非ガンジーに関して知らない人はこの本で少し詳しくなってください。

文の中でなんども”fast”が動詞で出てきます。
辞書で調べなくても読んでいると、きっと分かると思います。
やはり簡単な英語に語彙制限された本は読みやすくていいですね。

Gandhi (Penguin Readers: Level 2)