英語の本で初めて泣けた本が
Tuesdays With Morrie」(YL6.4 語数34,000)でした。
多読を始めて22冊目の本です。
読書というのは官能の世界とも言えますね。

Tuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson

ペーパーバックを読んで、涙している自分…
洋書読みを始めた頃には想像もしていませんでした。

読書をしていて、泣けてきたり、思わずニヤッとしたり、イライラしたり
ハラハラしたり、そういった感情を感じるようになれば
もうれっきとしたタドキストの仲間入りですね。

もともと本を読む(特に小説)というのは、こういう感情を与えるものです。
英語の学習の為に、洋書を読み始めることが多いと思いますが
読書の本来の楽しみ、それを感じるようになれば
多読が学習から趣味に変化したんだと思います。

本から学ぶことはたくさんあります。
英語も学べて、その他にも人生や道徳など様々なことも学べる
実は多読は「一石二鳥」の学習方法なのでした。

この本は、自分が洋書読みを生涯のものにしようと決めた本です。
是非、読んでいない方には読めるレベルになった時、いつか読んで欲しい本です。

つづきます・・・