洋書読みというと、とりあえず読んでみたいということで「Harry Potter」を
いきなり読んでしまう方も結構いると思います。
自分がハリポタを手に取ったのは34冊目でした。

Harry Potter Paperback Boxed Set (Harry Potter)
Harry Potter Paperback Boxed Set (Harry Potter) 
▲7巻揃い踏み、夢のようなBoxed Set!

Harry Potterに関しては、当然自分も最初から読みたいと思ってました。
「ハリポタ原書で読んだよ…」なんて言えるとかっこいいですもんね。

でも、いきなり読み始めると絶対挫折すると思って意図的に避けてました。
もう十分ハリポタにいってもいいと思ったのが自分の中で34冊目でした。

恐らく、これでも少し早かったと思います。
自分としては簡単な本をこれでもか!ってぐらい読むことをオススメします。
正直ハリポタは読破していってますが、分からない部分がいっぱいです。

ある程度、理解して読めると”Hagridの訛り言葉”も雰囲気で読めて楽しいし
魔法の世界で、見慣れない単語等がたくさんで出てきても
物語にのる事が出来ますが、流れに乗れず辞書片手に読んでいると
きっと50ページも行かないうちに、棚に放置されてしまうことになります。

全世界の人達が、興奮して読んだ名作をそんな扱いにしたくないですよね?
是非、読みたいのを我慢して我慢して、
ペーパーバックレベルを3~5冊ぐらい読んだ後に、
自分へのご褒美として読むことをオススメします。

ハリポタの文章はファンタジーですので、文体も凝ったものが多く
英語の学習としては向きません。
なので英語の能力をすぐに上げたいという方には遠回りの本です。
でも純粋にファンタジーを楽しみたい方には最高の本です!

ハリポタに関しては本棚に並べる快感も得られます。
7冊全部読んで本棚に置いておくと、タドキスト気分を味わえます。
(ペーパーバックにも2つのサイズがありますので
段差が出来ないよう、ネットで買うときは注意してください!)

Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)Harry Potter and the Prisoner of Azkaban  (UK) (Paper) (3)Harry Potter and the Goblet of Fire (UK) (Paper) (4)Harry Potter and the Order of the Phoenix (UK) (Paper) (5)Harry Potter and the Half-Blood Prince (UK) (Paper) (6)Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) 
▲7巻並べてみました。家の本棚でも並べると一際目立ちます!