多読を始めた頃は、そんなにたくさん読むとは思っていませんでしたので
読書記録は特に付けていませんでした。

でも英語学習のブログを作成していて、そちらでページ数を記録していました。

それはそれで、読むごとに自分が読んだページ数が増えていって
ゲーム感覚で楽しめたのですが、一つネックになっていたことがありました。
それは本によってページごとの文字数がかなり違うこと。

ぎっしり文字がつまった本で時間が掛かって読んでも
絵がたくさん入っている本を読んでスイスイ進んでも
ページ数カウントだと、同じように扱われてしまいます。

でも本の文字数を数えるなんて面倒だなと思っていたので
語数カウントはしませんでした。

ところがSSS英語学習法研究会の書評システムを見ると
有志の方々がすでにたくさんの方が洋書の語数をカウントしてくださっています。
今まで読んだ本の語数カウントがこれで可能になりました。

語数で洋書を見ることでより正確に、洋書の読書量が測れます。
ぜひ語数カウントをしていくことをオススメします。

ちなみに、下の本にも多数の洋書の語数が載っているのでオススメです。
英語多読完全ブックガイド [改訂第2版]
英語多読完全ブックガイド [改訂第2版] 
この本を買われてしまうと、自分のブログのレビュー要らずになるので心配ですw