多読をやっていると、「この本、読むのが辛い。」
と、感じる本に出会うこともあると思います。

大抵、内容が難しくて理解するのに苦しんでいるか、
興味がない内容の場合です。

本の内容の最初の部分は、登場人物の紹介だったり
場面設定だったりと、読みふけれない部分なので
ある程度のところまで読んで欲しいと思いますが、
先まで行って面白くなかったら、さっさと読むのを止めて
次の本に行ったほうがいいと思います。

せっかく読み始めたのだから、最後まで読みたいという気持ちも分かりますが
面白くない本を、読んでいるほど苦痛なものはありません。

また、人にとって面白い本が自分にも面白いと感じるとは限りません。
みんなが薦めている本なのに、イマイチと感じることは良くあることです。

オススメされて読んでみたけど、イマイチだなと思えば
とりあえず本棚にしまって次の本を読みましょう。
「あの本、最後まで読んでないな」ともう一度読み始めると
意外と楽しめて読めたということも良くあることです。

自分が挫折した本を紹介したいと思いますw
Alice in Wonderland / Through the Looking Glass
Alice in Wonderland / Through the Looking GlassJohn Tenniel

Signet Classic 2000-12-12
売り上げランキング : 26
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
内容があまりにも不思議過ぎて、理解できずイライラして
途中で読むのを止めました。
(内容が合わなかったパターンです。男性向け、女性向けとかは
 注意して本を選んだほうがいいかも?)

Master of the Game
Master of the GameSidney Sheldon

Grand Central Publishing 1988-07-02
売り上げランキング : 124
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
最初の場面設定で、文字の細かさに疲れ、先のページ数を
みるとゾッとして、物語が展開する前に諦めました。
(レベルが高くて疲れてしまったパターンです)

いつかは、もう一度チャレンジしてみようと思っています。
そんな挫折した本たちも、多読の汗の結晶ですよ!