100万語通過に比べて200万語の通過は
達成感も感動も少し薄れた感じになりますね。

でも100万語を通過して、
燃え尽き症候群になっていない証拠ですので
100万語通過時よりも喜んでいい事なのかも知れません。

私の200万語通過の本は
The Ring (Penguin Readers, Level 3)
でした。

相変わらず、GRレベルの低いものを読んだりと
読んでいる本からすると
100万語通過時から激変わりしたように見えません!

でも実際は2倍の経験を積んでいるんです。

変わったなぁと思うことは、
本を速く読む姿勢がより鮮明になったこと。

分からない単語を気にせず読めるようになったし
重要だなと思ったり、気になる部分が出てくると
しっかり読むようになりました。
文章を読むときの強弱の付け方がうまくなったと思います。

長編を読むのも、少々難しい本を読むのも
気持ち的にはもう全然怖くないのですが
まだまだGR系の方がしっかり読めるし、
面白い掘り出し物も見つかったりで楽しいです。

次の目標500万語は遠いですが、
“相変わらずな”読み方で、継続してこれからも読んでいきます。