自分が最初からやっていなかったことで
最初からやって置けば良かったのになと思っていることが
読書記録です。

多読を始めた頃は、恥ずかしながら語数なんて全く意識せず
ただ単に「洋書を読むのは、学習より楽そうだし読んでみるか!
程度の考えでした。
多読する言葉を使うことすら間違っている意識でした。

なので、100万語以上の本を読むなんて
全く考えていなかったんですね。
記録するなんて意味ないと思ってました。

自分はこうやって進めて結局100万語通過は、
いつのまにか超えていたのですが、
ちゃんと記録付けていたら目標を持って、
楽しめて読めたかもしれないなぁと感じています。

(変に目標が見えてしまうと、縛られている気持ちになる人も
 いるかもしれませんが、自分を縛ることも大切だと思います)
 
多読記録は絶対Excelで付けることをオススメします。
自分の付けているExcel例を見本としておいて置きます。

自分でカスタマイズしてみてください⇒読書記録.xls

記録内容としては、タイトルと読了日、語数ぐらいで
良いと思いますが評価点や難易度の項目とかもあると
後で見たときに分かりやすいです。

ジャンルという項目とかも書いておくと
後で自分の好みが分かって良さそうですね。

語数なんて計算できない、めんどくさいという方!朗報です!
(自分も語数記録って、計算できないし無理だと思っていました)

SSS研究会の書籍システムに有志の方々が
語数カウントの結果を載せてくれています。
ここを覗けば一発!記録に手間は掛かりませんので是非付けてください。

きっといろいろな事が分かってきますよ!