洋書読みのいいところって”Everytime Everywhere”なんですよね。

ちょっとルー大柴みたいになってしまいましたが、
この気持ちを伝えるにはルー大柴になりますよ!

自分が一番、洋書を読んでいる場所は
「通勤帰宅時の電車の中」です。

通勤時間って、何もしなければ無駄な時間ですよね。
その無駄な時間を、有意義な時間に変える
不思議なマジックが洋書にはあります!

軽い本一冊を鞄に忍ばせておくだけで、
外のどこにいても勉強空間になります。

例えば、旅行に行ったりするときは
普段の英語学習から遠ざかります。
「旅行の時ぐらい、勉強はやめようよ」と思いますが、
でも旅行の時だって継続してることが実は大事だったりします。

そんな時、読んでいる本を旅行鞄に忍ばせて置けばいいんです。
電車・飛行機の待ち時間。なんかのショーの待ち時間。
違う枕で眠れぬ夜。意識せずとも暇つぶしに「学習の継続」が出来ます。

実を言うと、暇つぶしとして洋書を読むほうが
読書って、はかどったりします。

汚い話ですが、トイレに行ってるときに読んだりもします。
もう用は済んでるのに、切りがいいところまで読みたくて
便座に座っていることも…
(注:あんまり長く便座に座っていると、痔になるとか)

ルー大柴に始まって、トイレに終わる謎な文章でしたが
洋書をおすすめできる一番のネタだと思ってます。

キーワードは “Everytime Everywhere!