デルトラクエストシリーズ3冊目を読み終わりました。
いつものとおり謎解きがたくさん出て面白いのですが
今回は1冊の中でもロジックがうまく出来ていました。

City of the Rats (Deltora Quest)
City of the Rats (Deltora Quest)Emily Rodda

Apple 2001-05
売り上げランキング : 30273
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:26,242 / YL:5.4 / オススメ度:★★★★☆


1,2冊目に比べると、この3冊目は全体の通しての謎解きが
面白く最後にいろいろと分かって楽しかったです。

相変わらず謎は言葉のアヤとかが絡んでいたりするのですが
(おっと、ヒントを出したら読む人に変な意識を与えてしまいますね)

一緒に旅をする3人のそれぞれの考え方もリアルになっていきます。
特に、途中で物語りに加わるジャスミンは、違った考え方を持っているところが
単なる冒険物じゃなく、心の変化や葛藤も楽しめます。

大人にも楽しめるのは、この辺りが絡んでいるからでしょうね。

YLは5程度になっていますが、単語レベルはもう少し高い気がします。
冒険物で普段使わない単語も多少出てくるからでしょうが
わからないものが多少あっても、物語の流れは崩さず読めると思います。

あと、グロテスクな部分の描写の仕方も結構リアルですね。
表紙が「グロテスク」ですが、文章からもリアル感は感じます。

だんだん面白くなってきました!一気に8冊読もうと思ってます!

City of the Rats (Deltora Quest)