CaptainUnderpantsの第2弾です。
話は1作目を読んでいないと、分からない部分があるので
1作目から読んだほうがいいでしょう!

“Captain Underpants” and the Attack of the Talking Toilets (Captain Underpants)
Dav Pilkey

Scholastic 2008-03-03
売り上げランキング : 28301
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:5,528 / YL:4.3 / オススメ度:★★★★☆


相変わらず、バカバカしいノリのお話です。
子供向けの本なのですが、自分としては大人もバカバカしさを
楽しめる内容だと思います。

この本は全ページにわたって挿絵があるのですが、
じっくり読んでいると細かいところも凝ってるんですよね!

展開は基本的に1作目と同じでした。
天才バカボンが町を歩けば、レレレのおじさんにあって
お巡りさんに出会うような…ちょっと違うかな?

とにかくこの本は1作目を読んで、そのノリに馴染めれば
全部読むに値する本ですね。気軽に読めるので、難しい本を
読んだ後の休憩にピッタリです。
自分もその読み方で、出ている本を最後まで読もうと思います。

最後の作者紹介まで、しっかり読みましょう。
作者の子供心が本当に出ている作品だなぁと感じるはずです。

あと、やっぱし電車で読んでると、斜め後ろの視線が少し気になります・・・

YLは4としていますが、確かに単語は見慣れないものも意外とあります。
でも挿絵が全面にあるし全然平気です。
ただ、現地の子供たちのように汚い言葉を覚えそうw
(まぁ、面白ければ。それで良いんですが)

“Captain Underpants” and the Attack of the Talking Toilets