2001年のコールデコット賞、オナー賞を受賞している作品です。
納屋で繰り広げられる、動物たちの動きが楽しいです。
ちょっとベイブみたいな感じ?
Click, Clack, Moo: Cows That Type (Clicka Clack Moo)
Click, Clack, Moo: Cows That Type (Clicka Clack Moo)Betsy Lewin

Simon & Schuster Children’s 2003-06-02
売り上げランキング : 27272
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:377 / YL:1.4 / オススメ度:★★★☆☆


絵のタッチもやわらかみがあっていい感じで、とても楽しい作品です。

「Click,Clack,Moo」って納屋から音が聞こえてくるけど?
まさか牛がタイプライター使ったりしないよね?

と思っていると、おいおいホントに使ってるよ!
しかもちゃんと農夫におねだりする「手紙」をしっかりと書きます。

その手紙が、ちゃんと礼儀正しいんですよね
Dear …, で始まり
Sincerely, The Cowsで終わる

牛さんしっかりしてるじゃねぇか!と手紙の書き方の勉強にもなりますね。

表紙にDuck君も、いますがこういう動物系の物語って、
大抵Duckがおとぼけキャラとしているような気がします。
この本でも大活躍です!

物語の最後には、しっかり笑わせるオチもあって面白いです!

なかなかオススメの作品です。
平和的解決、ギブアンドテイクの精神が学べるとの事ですw

Click, Clack, Moo: Cows That Type (Clicka Clack Moo)