教科書にも登場でみんな知ってる「不思議の国のアリス」です。
以前、原書で失敗したので、ペンギン版を読んでみました。
果たして、感想は?
“Alice in Wonderland”: Level 2 (Penguin Longman Penguin Readers)
Lewis Carroll

Penguin 2008-02-26
売り上げランキング : 11862
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:7,600 / YL:2.4 / オススメ度:★☆☆☆☆


やっぱり駄目でした…
何が面白いのかさっぱり分かりません…

以前、こちらの本
Alice in Wonderland / Through the Looking Glass
Alice in Wonderland / Through the Looking Glass
が評判もいいし、価格も安いし、買ってみたものの。
内容が訳わかんなさ過ぎて、途中で読むのを諦めた問題作です。

ひょっとしたら、難しくて読みにくかったのかな?と
ペンギンリーダーズのレベル2という読みやすい都合の良い本が
出ていたので読んでみました。

結果はやっぱし合いませんでした。合わないものは合わないんですね。

不思議の国だから、この本はこの本で良いのかもしれませんが
何かあるんじゃないか?と思って読んでしまう自分がいるんですよね。
「天才バカボン」のように読まないと、理解できないのかな?

だいたい、この不思議な内容の文章をなんで英語の教科書に載せるの?
って逆にイライラしてきました。

というわけで『不思議の国のアリス』はやっぱり駄目です。
初めての評価1をつけてみました。

世界的には評価されている本です。
是非、読んであなたの感想を聞かせて欲しいところです。