ペンギンリーダーズのレベル2の作品です。
なかなか楽しい作品で、一気に読んでしまいました。
ペンギンさんの中では面白い部類に入ると思います。

Robinson Crusoe: Level 2 (Penguin Readers: Level 2)
Robinson Crusoe: Level 2 (Penguin Readers: Level 2)Daniel Defoe

Prentice Hall College Div 2001-01-22
売り上げランキング : 27885
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:10,000 / YL:2.6 / オススメ度:★★★★☆


ロビンソンクルーズはなんとなく名前は知ってるけど…
「冒険もの?」「漂流もの?」というぐらいの知識で読み始めました。

クルーズって「航海」の「Cruise」かと思っていたら
スペルも違って「Crusoe」という名前でした。
で、カタカナにすると「クルーソー」でしたね。つまりほぼ知らない内容です。

内容は、船が漂流して無人島に一人きりに
なってしまったロビンソンクルーズの生活っぷり。
そこから「どんな行動に出るのか?」「どんな心情が生まれるのか?」
面白く書かれています。

今はなんでも揃っている豊かな時代ですが、
一見、何もなくて生き抜くことが出来なさそうな無人島でも、
探せばいろいろ見つかったり、頭を使っていろいろと作り出したり
人間の生きるパワーが発揮できます。

そういったところに、人間本来の喜びってあるんですよね。

何も無ければ、何も無いなりにそこから作り出す楽しさ。
そういったものがこの本から理解することが出来ました。

途中、いくつか写真が入っているので映画があるのかな?
サルの惑星のようなテイストの映画かもしれません。面白そうです。
好き好みが分かれる作品とも言えますね。

いきなり黄金伝説の無人島生活とか好きな方にはオススメ!
似たような感じで、あれ以上にリアル感を味わえます。

簡単な英語で書かれていてスイスイ読めるのでいいですね。
こういった話で単語で躓いちゃうと
文章の流れを感じれずもったいないですしね。

Robinson Crusoe: Level 2 (Penguin Readers: Level 2)