これは、また凄い本を読んだなという感じです!
2008年のコールデコット賞を取った、結構新しい作品なのですが
絵本ながら500ページ以上のボリューム!渾身の作品です!
これは読んで欲しいですね。多読にもオススメの26,875語です!

2007年全米図書賞ファイナリスト
2007年クィル賞(Quill Award) Children’s Chapter / Middle Grade 部門受賞
2007年度ニューヨークタイムズベストイラスト賞
2008年イタリア・アンデルセン賞最優秀読み物:12歳以上
映画化も予定されているとか!?

The Invention of Hugo Cabret: A Novel in Words and Pictures (Caldecott Medal Book)
The Invention of Hugo Cabret: A Novel in Words and Pictures (Caldecott Medal Book)Brian Selznick

Scholastic Trade 2007-03
売り上げランキング : 13704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:26,875 / YL:4.0 / オススメ度:★★★★★


まず、500ページを越す絵本というのに驚きなのですが、
ちょっと絵本の分野とは違ったつくりです。まさに新しい発明品ですね。

表紙等は、艶やかなのですが、中は白黒で書かれています。
そして、文章と絵のページが交互にあらわれ物語を印象深くしていますね。
こんな形の本は、私は始めて読みました。

内容はミステリーも含んでいますので、あまり粗筋は書いたら駄目ですね。
作者も最初に、「さぁ、あそこにいるのがHugoだよ、追ってみよう」
って感じで読者を引き込んでいきますので、是非引き込まれて読んでください。

次第に分かっていく、物語の全体像と、絵と文字が交差する
全く新しい形の物語を楽しんでください。この本はまさに発明「invention!」ですね!

英語は文字の数は他の絵本に比べて多いですが、
単語や文体は意外と簡単です。深い物語なので難しく思いそうですが
スラスラ読めましたので、臆せず読めると思います。

ただ、500ページを越す本ですので、電車とかでは読めないですね!
寝る前に、寝るのを惜しんで物語にハマリそうな本です。

公式サイトも、あります、絵の作成秘話等、読んだ後に確認すると面白いです。
物語の重要なautomatonについては⇒ここで見れます
なんだか凄いですね!

新しい作品なので、日本人のレビュー等があまり見られませんが
素晴らしい作品だと思います。これは★5つ付けたくなります!
絶対価値ある作品・芸術品・発明品だと思います!

The Invention of Hugo Cabret: A Novel in Words and Pictures (Caldecott Medal Book)