2006年のコールデコット賞、オナー賞作品です。
Rosaとは、あの黒人の公民権運動の発端となったRosa Parksさんのことです。

Rosa
RosaNikki Giovanni

Square Fish 2007-12-26
売り上げランキング : 15837

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:1,595 / YL:2.0 / オススメ度:★★★☆☆


以前、ペンギンリーダーズでキング牧師の伝記を読みましたが、
その時にも、このRosa Parksさんは出てきました。

それなので、自分は「ああっ、この人の話か」とすぐ分かりました。
洋書をたくさん読んでいると、
自分が世界について博学になっている気がして気持ち良い瞬間でした。

絵本で、このように人種差別に対する
学びの本があるというのが凄いと思うんですよね。
子供たちに理解できる形で、こうやって残す文化は素晴らしいと思います。

人間の中で起きる差別に対して、一人の女性が本心に振り返って
「おかしい!」とはっきりと拒絶する勇気に感動を感じます。

世の中で起こっているおかしなことに、はっきりと自分の意思を持って
No!と言える人間になりたいものです。
いずれ正しいことは世界が理解するはずです!

ちょっとアツくなってしまいました…
大人も子供も楽しめる、いい絵本だと思います。

Rosa