David Copperfieldの名前ぐらいは聞いたことがありました。
アメリカの有名な、手品師?ぐらいの感じでしたが
全然違いましたね(というか、この物語を元に芸名を付けたみたい)。

David Copperfield (Penguin Reading Lab, Level 3)
David Copperfield (Penguin Reading Lab, Level 3)Charles Dickens

Prentice Hall College Div 2000-02-15
売り上げランキング : 36204
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:23,000 / YL:3.5 / オススメ度:★★★★☆


表紙の人は、誰なんだ?ってぐらい表紙と中身があってませんが!?

IntroductionのところでCharles Dickensの書いた本について少し説明があります。
その中にオリバーツイストの名が、なるほど同じ作者なんですね。
ということで期待して読み始めました。

結果、なかなか面白い作品でした。
オリバー・ツイストとテイストが似ています。

David Copperfieldの生涯について書いてあるんですが、
人生には貧乏な不幸なときもあれば、成功してお金持ちになるときもある。
かといってお金持ちが幸せかといえばそういうわけでもなく…

David Copperfieldを中心として、様々な人物の人生模様が描かれています。
愛と財産と心情とが、交錯して書かれていますね。
私はこういう話は結構好きなのです。

★5つにならなかった理由としては、ペンギンリーダーズのレベル3の宿命か
話が薄いです。「彼は死んだ、そして彼も死んだ。彼は消えた」
こんな感じじゃ、ちょっと感情移入が出来にくいです。
原作なら、登場人物の書き方や伏線等、もう少し詳しく書かれているでしょう。

でもDavid Copperfieldってどんな話?ってレベルの人には丁度良い具合です。
読みたい人は次の原書に進めばいいと思います。
David Copperfield (Penguin Popular Classics)
David Copperfield (Penguin Popular Classics) 
▲ちなみに原書は720ページだ!!

あらすじは端折りながらも生涯全てについて書かれているので
登場人物を覚えるもの大変です。すぐに誰かがsentされてきますがw
結構、でてくる登場人物全員に鍵があるので、間違えないように読みましょうw

ちなみこの本、映画もありますね。
デビッド・コパーフィールド〈トールケース〉 [DVD]
デビッド・コパーフィールド〈トールケース〉 [DVD] 
▲さすが、イギリスもの。あのハリポタのダニエル・ラドクリフのデビュー作です。

この映画も、好評のようですね。
せっかく名作の内容を知ったので、こちらも是非鑑賞してみようと思います。

David Copperfield (Penguin Reading Lab, Level 3) 
▲オリバーツイストが好きな人はきっと気に入ります。