NewNery受賞作品。
以前読んだA Long Way from Chicagoの続編でもあります。

A Year Down Yonder
A Year Down YonderRichard Peck

Puffin 2002-12
売り上げランキング : 4860
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:29,415 / YL:6.0 / オススメ度:★★★☆☆


最近のNewbery賞受賞作ですが、内容は昔の話ですので、
単語が古い話し言葉を使っていたりで少し読みにくいです。

YL6としていますが、自分は文体等も読みにくく感じたので
多読初心者には子供向けの本ながら難しいかもしれません。

内容は前作と似たような感じで、『佐賀のがばいばあちゃん』のような
田舎のスーパーおばあちゃんとの交流の中で
いろいろなことを学んでいくお話です。

今回は、お兄ちゃんと妹の、妹が主体となって書かれています。
ということで前作は男の子向け、今作は女の子向けと言えるかもしれません。
ただ、前作に続けて読んだほうがいい作品ですね。

受賞したの賞の大きさの示すように、今作の方が
共感できたり面白いという評が多いですが、自分には同レベルでした。

ただ今回は、2部作の後側ということで、ちょっとした結論もあって
楽しめましたね。いい作品であることは間違いないと思います。

あと、目新しい部分では恋愛関係の微妙な感情にも書かれています。
そこにあのスーパーおばあちゃんが絡んできたら、そらもうって感じですw

A Year Down Yonder 
▲佐賀のがばいばあちゃんが好きな方は、読んでみて!