ダレン・シャンの8冊目です。
全12冊なので、3分の2を通過したことになります。
ここまで来たら当然、全冊読破しますよ!

Allies of the Night (The Saga of Darren Shan)
Allies of the Night (The Saga of Darren Shan)
HarperCollins Children’s Books 2002-11-04
売り上げランキング : 44415

おすすめ平均 star
star偽者には偽者の輝きが、本物には本物の輝きが、ある
starちょっとがっかり
starIs Great

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数 39,000 YL 5.5 オススメ度 ★★★★☆

7冊目から、第2幕といった感じで物語が進んでいきますが、
今回はいろいろな展開があって面白みを増してきました。

初巻に出てきたキャラクターはいつ出てくるんだろうと
思っていた方も多いはずです。この巻では今までのキャラクターが
いろいろでてきます。ネタばれは書きませんが、出てくると予想しながら読むと
つまらなくなるかもしれないので、あまり深く考えずに読みましょう!

内容としては面白いんだけど、やはり漫画な展開ですね。
ストーリーの進め方が少年漫画のような都合よさは否めませんが
そこそこのマンガよりは面白く読めると思います。

前回から出てきている手裏剣使いのバンパイヤー(正直、英語名って正確に読めない)
はあんなキャラだったのですね。
ある意味、手裏剣使いのバンパイヤーのようなキャラクターはファンタジー?など
少年漫画っぽい作品には、絶対出てきますよね~!

次回に向けた展開にもなっています。次巻の評価が高いので
ここはいろいろなキャラの登場で、一気に展開を進める感じですね。
次回も期待しています!

Allies of the Night (The Saga of Darren Shan) 
▲気になっていた懐かしい人物も登場して、盛り上がりを見せる!