1993年のコールデコット受賞作品です。
1992年度ニューヨークタイムズ・ベストイラスト賞にも選ばれています。
どちらかというとイラストが評価されている絵本といえますね。

Mirette on the High Wire
Mirette on the High WireEmily Arnold McCully

Putnam Juvenile 1997-04-14
売り上げランキング : 136572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:1,164 / YL:3.2 / オススメ度:★★★☆☆

美しい絵のタッチの中で、往年の名パフォーマーと
それを見て感動した少女が、自分も輝きたいと思い行動するストーリーです。

ベリーニという「過去の綱渡りの名人」が、芸人を泊めていた宿に
ひょっこり泊まることになり、その宿の娘の少女ミレットが
偶然ベリーニの綱渡りをしているところを見て
「自分もやりたい」という強い願望を持ちます。

ただ、ベリーニは達人だからこそ知っている「綱渡り」の恐ろしさを
自分の経験からミレットに教え、生易しいものではないことを教えます。

それでも「綱渡りをやりたい」、一心で頑張るミレット…

果たして、その後どうなるのか?

って感じですね。

短い絵本ですので、伏線や表現の使い方は言葉足らずなところもありますが
十分伝わってくる内容です。

学校とかに良く置かれている本のようですので、教育に良さそうな本ですね。

Mirette on the High Wire 
▲綱渡りの緊張感はやはり物語になりますね!