1995年の、コールデコットならびにボストングローブ・ホーンブック賞
オナー賞作品です。
表紙を見ても分かりますが、大女のお話。ちょっと怖いです。

Swamp Angel
Swamp AngelPaul O. Zelinsky

Puffin 2000-01-01
売り上げランキング : 172635

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:932 / YL:3.0 / オススメ度:★★★☆☆

結論から言うと、凄い大女のお話なのですが、なんなんでしょ?
よく分かりませんでした。

タイトルの「swamp」は「沼地」という意味があるので、
「沼地の女神」ということになりますね。

童話の様な感じで読んでもらえればいいかなと思います。
途中、熊との闘いが見ものではありますが、
そこから来るオチが少しだけ「ほうっ」と感じましたね。

Swamp Angel 
▲ちょっと現実離れの話で、気持ち悪かったかな?