こ、これは!?って位、絵本の中では指向の違う作品です。
簡単に言えば、おとぎ話のパロディ物。
ちなみに、1993年のコールデコット賞オナー賞にはなっています。マジで!?

The Stinky Cheese Man and Other Fairly Stupid Tales
The Stinky Cheese Man and Other Fairly Stupid TalesJon Scieszka

Puffin 1993-08-26
売り上げランキング : 43630
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:2,539 / YL:3.0 / オススメ度:★★★☆☆

毒の入ったパロディがどんどん続いていきます。
おなじみのおとぎ話「ジャックと豆の木、赤頭巾」などが殆どですが
元ネタを知らないものもいくつかありました。

一つ一つのパロディもそうですが、絵本全体を使ってオチを作ったり
作成者も楽しんで作ってるなぁという感じですね。

なんというか、「天才バカボン」を思い出しました。
おとぎ話をぐちゃぐちゃにして、「これで、いいのだ!」と
作者が楽しそうに言っている表情が感じ取られる絵本ですね。

絵本ですが、子供に見せるのはどうなんでしょ?
効果的には分かりませんね。良くないという方も多そうですが
こういった奇作も面白いと思います。

やはり、「毒」がある本を少し読むというのは、
人間の感情を刺激します。「毒」はある程度必要ですよ^^

The Stinky Cheese Man and Other Fairly Stupid Tales 
▲面白い!でも子供に見せる絵本ではないような?大人向け絵本!?