グリム童話のお話です。グリム童話の中でも有名なタイトルで
たくさんの本も出版されていますが、日本ではあまり馴染みがないですね。

ちなみにいろんな本の中でも、この絵本はイラストが優秀で
1998年のコールデコット賞に選ばれています!

Rapunzel (Caldecott Medal Book)
Rapunzel (Caldecott Medal Book)Paul O. Zelinsky Paul O. Zelinsky

Dutton Juvenile 1997-10-01
売り上げランキング : 61475
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:1,333 / YL:2.5 / オススメ度:★★★☆☆

日本では、髪長姫と言われたりもします。
ストーリーに関しては、魔女が出てきて可愛そうなお姫様がいるといった
グリム童話にありがちな内容でした。

私としては、面白いとは思いませんでしたが、知らなかったグリム童話の一つを
知ることができて為になったなぁと思います。
またそれが英語の本を読んで知っているというところに「多読」の良さを感じますね!

語数はそれなりにあって、1000語を超えます。
一つの出来上がった物語ですので、読み応えはあるでしょう!

しかし、賞を取った主な点であるイラストに注目ですね。
美術館に飾られてそうな美しい絵は素晴らしいですね。
こういうのは家にあると目の保養になるというか、芸術心が付きそうです!

あと、話題という点では、ディズニーによる映画化があります。
2010年にディズニープリンセスの映画として登場するみたいです。
今まで、あまり知られてないものが一気に知られるかもしれません!

Rapunzel (Caldecott Medal Book) 
▲美しいイラストで、ラプンツェルの世界を知ろう!