自分が多読信者な部分もあるので、あまり目立った多読の悪い点は
感じないのですが、弱点に関しても考えてみたいと思います。

・日常と離れたものを読んでいる時、学習初期には非効率

⇒弱点が現れるのは、やはり対象になる洋書の内容が
 自分の知りたいものと外れる時だと思います。
 
 例えば「ハリポタ」のようなファンタジーを読んでいると
 日常とは掛け離れた単語がたくさん出てきます。
 その後殆ど使わないような単語を覚えるよりは
 よく使う基本単語を先に覚える方が効率いいですよね。
 
 ある意味、多読しているとよく使われる単語もわかって
 実は良いともいえるのですが…
 
・たくさん本を買うのでお金がかかる?

⇒私は、洋書特にペーパーバックに関しては
 安い物だと感じているのですが、どうでしょう?
 
 例えば一冊1,000円として、月5冊買えば5,000円。
 一回飲みにいく程度の値段で、一ヶ月読書を楽しめます。
 しかも手元に残ります。能力も上がります。
 自分は安い物だなと思っています。
 
 ただし洋書を趣味のレベルまで楽しめない方には
 高い買い物かも知れません。
 英語学習でなく趣味として捉えて欲しいですね。

知恵を絞って、悪いところを出してみようとしたのですが
やっぱし出てきませんね。

それだけやはり多読は良い勉強法なのだと思います。
って結局こういう結論になってしまいました…

なにか弱点あります?参考に是非意見が欲しいところです。