SFの金字塔的作品といっても良いかもしれない。
Invisible Man(透明人間)のペンギンリーダーズ版です。

The Invisible Man (Penguin Readers: Level 5 Series)
The Invisible Man (Penguin Readers: Level 5 Series)
Penguin 1999-11-01
売り上げランキング : 118180


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数 20,000 YL 5.0 オススメ度

透明人間と言えば、タイムマシンなんかと並んで、
誰もが夢を見る話ですよね。

今でもたまに「自分が透明人間になれたら…」なんてことを考えたりします。
銀行強盗をしたり、お風呂を覗いたりなどちょっと悪いことを
平然と出来そうと思う方もいるかもしれませんが、
現実問題どうなんでしょうね?

この本での内容は、結構透明人間も大変だなぁと言う感じです。

ある科学技術により(透明人間になる理屈も書かれています)
透明人物は結構、悪役として書かれています。
果たしてもともと悪い考えを持つ人だったのか透明人間になって
悪人になってしまったのか、考えさせられる作品です。

英語に関しては、たんたんと流れる文章でストーリーはつかめますが、
外国人の名前や、若干分かりにくい単語もあります。
pokerとかあまり馴染みのないものは難しいですね。

The Invisible Man (Penguin Readers: Level 5 Series) 
▲SFものが好きな方には楽しく見れると思います。映画も良いかも?