ナルニア時代の1つ目になりますが、出版順では最後から2つめの6冊目になります。
出版順に読んだほうが、作者の伏線が感じられて面白いので
「1」となっていますが、最初に読まないほうがいいと思います。
The Magician’s Nephew (Narnia)
The Magician's Nephew (Narnia)C. S. Lewis Pauline Baynes

HarperCollins 2002-03-05
売り上げランキング : 1275

おすすめ平均 star
star物語の始まり
starナルニア国の謎解き
star本のお菓子の家

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数 41,062 YL 7.2 オススメ度

ナルニア国の始まりが書かれています。
私達の世界と、どうして行き来がされたりするのかの伏線もあり
ナルニアの中でも楽しめて読める作品だと思います。

この作品のキャラクターは非常に分かりやすいです。
あの魔女の登場や、おじさんのキャラも楽しい…
動物達の書き方も活き活きとして(毎回ですが)、特徴もあって楽しいです。

この作品でも少しキリスト教と関連しているんだなと感じられる
「りんごのエピソード」など、古典的ながらいつまれも親しまれる物語だと
感じました。一度は読んでみたい作品ですね、やっぱり。
古典的ですが、情景の描写の仕方は本当に素晴らしいです。

個人的にナルニアが好きになれないのが、あまりにもアスランが
絶対的過ぎなんですよね。そこが私の評価で5になってない部分です。
次の最後の作品では、それをこえて5評価が出来ることを期待しています。

全体的にナルニアは英語も読みにくいと感じます。
ただその中でこの作品は読みやすく感じました。

The Magician’s Nephew (Narnia) 
▲ナルニアの始まり。でも6作目なので、後で読むことをオススメします。