ナルニア時代の6作目(全7作)、出版順にすると4作目になります。
今回も、前作からの時代の流れで良くことができるので
前作から続けて読んでいる方は、スムーズに読めるでしょう。
The Silver Chair (rack) (Narnia)
The Silver Chair (rack) (Narnia)C. S. Lewis Pauline Baynes

HarperCollins 1994-07-08
売り上げランキング : 30095

おすすめ平均 star
starナルニアの時間はまたも過ぎて
star絵が素敵!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数 51,022 YL 7.5 オススメ度

前回の作品では船に乗っていろんなところを旅して
章毎に変わった展開が期待できる流れでしたが、
今回は1つの本で1つの流れを作っている感じでした。

今回はちょっと教訓めいたことが多かったと思います。
その為、個人的にはあまり面白いとは感じませんでした。

何というか、結局アスランに踊らされて動いている人たちって
ことなんですね。私達は…
宗教観を分かりやすく教えるために作られた本でもあるので
この内容は確かに仕方がないともいえます。

ちょっと気を落ち着かせてくれるキャラクターにPuddleglumと
Glimfeatherがいて彼らの行動が物語を魅力的なものにしてくれています。
Puddleglumは最後の巻にも出てくるみたいなので楽しみですね。
(ナルニアの本の最初に登場キャラクターの紹介があって、どの巻に
出てくるのか書かれています。)

英語は相変わらず、多読初心者にはちょっと難しめです。
ナルニアの物語を楽しむには、簡単な洋書がある程度読めるようになってからの
方が良いと思います。子供向けの物語ですが侮れません。

The Silver Chair (rack) (Narnia)
▲ナルニア4作目、時代順6番。まぁまぁ面白い。