邦題では「かいじゅうたちのいるところ」
1964年Caldecott賞、Notable Children’s Books of 1940ミ1970 (ALA)、1981年Boston GlobeミHorn Book賞(for Illustration)、1964年Lewis Carroll Shelf賞、Boston Globe-Horn Book賞など受賞歴多数。
古くても色あせない名作。
私も読んでみたが、小さな頃、日本語で読んだ記憶がある内容と絵だった。

Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)
Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)Maurice Sendak

HarperCollins 1988-11-09
売り上げランキング : 15

おすすめ平均 star
starマックスが表情豊かです。
starブラボー!!
starwhere the wild things are

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数 362 YL 2.5 オススメ度 ★★★★☆

まもなく映画化もされるこの作品、気になって読んでみた。
読んでみる前は、日本語のもので読んだかどうかも記憶に無かったが、
読んでみて「ああ、こういう本、どこか記憶に残ってる」って感じでした。

なんと言っても、怪獣たち(whild things)の表情なども良く、
主人公Maxの表情も、絵本レベルのイラストで十分伝わってきます。
映画化してCGゴリゴリだと思いますが、どのようになるのかも気になります。

内容自体は文字数も少なく、すぐに読みきることが出来ます。
ただ文体の書き方が、うまく時間の流れを意識していて、
詩的な表現が、簡単な英語で理解できるのでお勧めです。

YLが語数の割には高目ですが、数文字難解な単語が入っているぐらいで
臆することなく誰にでも読めます。

流れ的には、普通な絵本と同じなのですが
たくさんの人に愛される不思議な魅力を持つ作品ですね!

Where the Wild Things Are (Caldecott Collection) 
▲寝る前に、声に出して読んでみよう。不思議な魅力があります!