GR(Graded Readers)書の日本製の代表格と言えば
洋販ラダーシリーズですね。というかこれぐらいしかないでしょうか?

多読で、英語学習しようとするかたに心強い見方です。
イソップ物語(洋販ラダーシリーズLEVEL1)フランダースの犬 (洋販ラダーシリーズ)盲導犬クイールの一生―Level 3(1600‐word) (洋販ラダーシリーズ)1リットルの涙 (洋販ラダーシリーズ)日本の経済―Level 5 (洋販ラダーシリーズ)
左からLevel1⇒Level5の順で人気の高いものです。
公式紹介ページはこちら

対応レベルは以下の感じになっています。
   使用語数  TOEIC 英検 
 Ladder LEVEL1  1000語  300点以上  4級以上
 Ladder LEVEL2  1300語  350点以上  3級以上
 Ladder LEVEL3  1600語  400点以上  準2級以上
 Ladder LEVEL4  2000語  470点未満  準2級以上
 Ladder LEVEL5  制限無し  470点以上  2級以上
Amazonでラダーシリーズをチェック!非常にたくさんあります。
レベル分けは5段階です。
ただしLEVEL1-3に関してはそこまで差がないのでステップを意識するより
読みたい内容を意識して、本選びをしたほうがいいですね。

LEVEL5に関しては制限なしとなっていますが、
通常のペーパーバックよりは巻末に単語訳もありますし読みやすくなっています。

ラダーシリーズの一番の特徴は、やはり日本製の安心感です。
紙質も日本独自のいいものを使っています。

・巻末に日本語単語訳付き
海外GRでも巻末に難しい単語の英英訳が載っていたりしますが、
基本的に多読をしているときに巻末の単語訳は見ることは少ないです。
どうしても見たいときは、完全に意味を把握したいときなので
日本語訳の方が都合が良かったりします。
(プーさんを読んだときは、本文にスペルミスが大量にあるので
巻末の解説が役に立ちました)

・なんとオーディオがダウンロードできる
これはかなり利用価値があると思います。
1回読んでしまって終わりでなく、音声を使った学習が出来ます。
これを使えば価格以上の価値ですね。逆に使わないと損です。

・内容が日本向け
日本の昔話、日本の文化・経済、日本のドラマなど、
セレクションに日本人向けのものも多いです。
その為、たくさんのGR系から興味があるものも選びやすいです。

海外製GR書はなんとなく難しそうなイメージがあると思います。
まずはこちらでGR書の雰囲気を掴んでから海外製GR書を
読んでみるのも手だと思います。

私も気軽に手を出しやすいシリーズとして、たまに気になるタイトルを読んでいます。

イソップ物語(洋販ラダーシリーズLEVEL1)フランダースの犬 (洋販ラダーシリーズ)盲導犬クイールの一生―Level 3(1600‐word) (洋販ラダーシリーズ)1リットルの涙 (洋販ラダーシリーズ)日本の経済―Level 5 (洋販ラダーシリーズ)
Amazonでラダーシリーズをチェック!