久しぶりに洋書のレビューです。
ちょっと間が空いてしまいました…スイマセン

The Wonderful Wizard of Oz (Books of Wonder)
The Wonderful Wizard of Oz (Books of Wonder)W. W. Denslow

Trophy Pr 2001-09
売り上げランキング : 2100
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:38,815 / YL:5.5 / オススメ度:★★★★★





この本、実はもっと早くレビューを書きたかったです。
というのは洋書で勉強しようとしてる人に結構薦めれる本です。
中で使われている単語は、児童向けなのでかなり容易な部類です。
しかし、ページ数は300ページ以上と結構な量に感じ取られます。
しかししかし、中に挿絵がふんだんに使われているため
ページの進みが速い!これは読んでいる人に気持ちよさを与えますね。

挿絵があることは分からない単語があったり、
ちょっと理解しにくい部分があっても理解を補ってくれます。
辞書なしでもページが進む気持ちよさを味わえます。
洋書を読んでるとき、ストレスをあまり味わって欲しくないため
こういう本は最初のほうにいっぱい読んでおいたほうがいいでしょう。
そうしていくうちに、平易な文で書かれている文章に飽きてきて
難解な本が読みたくなってきたりします。人間の欲求って不思議です…

内容はファンタジーで、自分は映画を見ていなかったのですが
観た人は映画の内容よりもさらに長いと思っていてください。
映画は時間の関係で、内容を省いています。ハリポタみたいなもんですね。

主人公の少女ドロシーに、お供が3人つきますが。
いい味出しています。個人的には案山子が川に置き去りのシーンは
かなり笑えました。とにかく結構「滑稽」ですので、是非読んでいただきたいですね。
それでもって童話?な為、深く読み取ろうとすれば
結構深い意味もあるのではないかな?と思います。オススメです!
The Wonderful Wizard of Oz (Books of Wonder)

今回は314Pでしたので、MP5146Pにアップです!
記念すべき40冊目で、5000P超えました!まだまだ行きますよ!