BFCシリーズ第三弾!
今回は影の部分。
起承転結の承の部分といったらよいでしょうか?

Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE (BFC BOOKS)
Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE (BFC BOOKS)たかしま てつを

幻冬舎 2003-04-04
売り上げランキング : 15260
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

語数:3,927 / YL:2.0 / オススメ度:★★★★★


この第3弾は物語が面白くなる部分です。
ゴーストタウンに来るところで、キャラの立つ登場人物がたくさん登場します。
どんな物語でも、主人公の周りを固める人物の魅力が
物語を楽しくさせますよね。(ルパン三世とか…)

内容は、本当に面白くて良い物ですので、読んでのお楽しみです。

今回から後半の解説の部分が変わっています。
ここを3冊目で変えたのは正解ですね。作者の書いていますが、一文一文
解説する3色辞典というものでずっと幅を取っていたら、逆につまらなくなってしまいそうです。
(ちなみ通常解説の3色辞典は、ちゃんと最後まであります)

解説が本を読む上で、本当に知りたい内容盛りだくさんです。
題目をあげると
・文章を読まなくても機能する
・セリフについて
・禁断の表現
・soとveryはどちらが強い
・物語の主軸
・物語にしか使われない言葉
・Ghost Avenueとはどんな道か?(path,road,street,avenueの違い)
・日常会話(状況によるセリフの違い)
・もしも状況がわからなくなったら
・物語の緩急
・ニュアンスの宝探し
・「読めない」という些細な理由

本当に盛りだくさんですね。
どれも洋書を読むに当たって為になる内容です。
文章の内容を使って説明しているので、分かりやすく今後の洋書の読書に当たって本当に
参考になります。自分がこのシリーズが好きな理由の一つはこの解説部分です。

物語りも良し、解説も良しで間違いないです!

Big Fat Cat AND THE GHOST AVENUE (BFC BOOKS)