ペーパーバックの最初の一冊に選んだのは
The Phantom of the Opera: Level 1 (Oxford Bookworms Library)」でした。
当初、映画が公開されていてGR版の簡単なものから始めてみようと思ったので
この1冊になったと思います。語彙制限版Level1でページ数は40ページ。
最初の一冊としては、申し分ないスペックでした。

よく洋書を読み始めようと思って失敗するのが最初の1冊目です。
洋書というとペーパーバックをイメージして、
一般にオススメされる「シドニー・シェルダン」や「ハリポタ」「ダ・ビンチ・コード」の
ような話題作を手にとって読み始める人が多いようです。

最初の1冊目は呆れるぐらい簡単な本を選ぶ方がいいと思います。


洋書読みを水泳に例えますと、最初の1冊目は始めてプールに入る瞬間です。
いきなり泳ごうにも、うまく行くはずがありません。水泳嫌いになってしまいます。
最初は水面に、顔をつけてならして、次に頭まで潜ってみて
慣れてから蹴伸び、水と触れ合っているうちに泳げるようになるのが
正しいステップだと思います。

この1冊で味を占めたranは「ビッグファットキャット」のオススメを参考に次々と
簡単な英語で書かれた洋書(バタバタのような感じで)読書を進めていきます。

つづきます