前回のコストパフォーマンスの回で、
「ranのやろうPricelessだなんてふざけた事言いやがって
 そんな事を、俺たちは知りたいんじゃないぞ!」
 
と、不平不満が続出する文章だったかも知れません。

すいません、今回は純粋にコストパフォーマンスを
考えた話をしたいと思います。
コストを抑える方法はいくつかありまして

・図書館で借りる
・ブッククラブでたくさん読む
・友人から借りる
・本屋で立ち読みする
・古本で買う

といった方法があります。安く買うか借りるかのどちらかです。

順に追ってみましょう!

・図書館で借りる
⇒図書館で借りるというのはオススメの一つです。

 税金払っているんだから市の施設は積極的に活用したいところ
 ただネックなのが、洋書はあまり置いていません。
 古い本で有名なものであれば、誰かが寄贈したものがあったりします。
 でも下線引いていたりと結構汚い場合が多いです。
 こうした場合文句が言えないもの図書館です。
 
 あまり興味はないけど、気になるものが図書館にあれば
 試しに読む感じで利用するのがいいと思います。
 最近ではネットで予約できたり、図書館どうしで
 蔵書の連携をしているので、読みたい本が見つかる機会も増えています。
 見つかればラッキーです。
 
 ちなみに自分も図書館を利用しますが、図書館で借りて
 後で同じ本を買うことも良くあります。洋書はプラ…

・ブッククラブでたくさん読む
⇒自分は利用したことがないのですがどうなんでしょう?

 こちらは大抵、月単位とかで利用料を払うみたいですので
 本当に多読をメインの訓練として行う人向けですね。
 また、ブッククラブの場所が都心とかに
 集中してますので遠い方は利用できませんね。
 自分も近くにないので利用できないです。
 
 でもオススメの洋書が豊富にあるということで
 特定の人には利用価値のあるものだと思います。
 
 たくさん読めば読むほどお得になるので、
 ブッククラブが一番コストパフォーマンスを意識しそうです。

・友人から借りる
⇒これは洋書を読む友人がいないと出来ませんが…
 
 基本的には友人から薦められて読むものだと思いますので
 自分から積極的に行う選択肢からは外れますね。
 
・本屋で立ち読みする
⇒足腰の鍛錬、忍耐力・精神的にも強く慣れるかも?

 本屋さんは物を売っているところなのでオススメしません。
 というか立ち読みで洋書はあまり楽しめません(経験から)
 本代を節約するために、立ち読みするという行為は
 本にも失礼ですし、私はオススメできません。
 
 といっても立ち読み、良くしています。
 でも立ち読みをした分、本屋さんで本を良く買っていると思います。
 洋書は高いので買いませんが…
 (でも本屋に洋書コーナーなくなるとやだな、たまには本屋で買うかな)
 
・古本で買う
⇒抵抗がない方はオススメ!

 もともと本自体、高級品ではないですし
 古本といっても価格が差がないものは新品買ったほうがいいと
 思いますが、半値以下程度(送料込みで)で買えるなら一考の価値ありです。
 
 古本のリスクは買ったものの汚れになりますが
 本に線やメモなどを書いてしまうと
 古本としての価値もないものになるので、
 そういう古本はあまり目にしませんね。
 
 ちなみに、廃版になったものを買えるというメリットもあります。
 
前回の記事でも書きましたが、洋書は「Priceless」なので
あんまりコストパフォーマンスは意識しないほうが
いいと個人的には思っています(しつこい?)