「読書加速度の法則」という言葉をご存知ですか?

知るわけないですよね、
自分が勝手に言っている言葉ですので。

辞書風に書くならば、2つほど定義があって

1.一冊の本を読むとき後半に行くほど
 読むスピードが速くなること

2.たくさんの本を読んでいけば、
 後に読む本の方がスピードが上がること
 
2の定義の方は本を読む力が付いたって事で
当たり前なので、何も言うことないのですが
1の現象から主張したいことがあります。

「どんな本でも、最初の方は読みにくい」

まず作者の本の書き方の癖というものがあります。
「as if~」を多用してるとか「3人称の語り口が多いとか」
いろいろありますが、読み進めると慣れてきて読みやすくなっていきます。

次に、登場人物や舞台設定ですね。
最初の方は初見ですので、覚えたりイメージするのに時間が掛かります。
人物や舞台は、後のほうになるとサラッと見て分かるようになります。

最後に本への”のめりこみ度”でしょうか?
話の筋のクライマックスやオチが最後の方にありますので
読めば読むほど本に熱中していきます。

ということで、合わない本はすぐにやめて
次の本に行ったほうがいいと自分は主張していますが
実は”とっかかりが一番合わない”と感じてしまうことも
心に留めておいてほしいのです。

最初が読みにくい本に出会っても
「読書加速度の法則」が待っている!
と読んでしまうのも一つの手です。

最初の1ページ目から、面白そうと期待させる本もありますが…