2006年のコールデコット賞、受賞作品です。
どうやら、イラストが評価されたようですね。
その他にも2005年ボストングローブ・ホーンブック賞絵本部門オナーブックに輝いています。

The Hello, Goodbye Window (Boston Globe-Horn Book Honors (Awards))
The Hello, Goodbye Window (Boston Globe-Horn Book Honors (Awards))Christopher Raschka

Hyperion (Juv) 2005-05-15
売り上げランキング : 21424
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:2,000 / YL:1.0 / オススメ度:★★★☆☆


可愛いイラストと、ほのぼのとした日常生活が描かれています。

正直にいいますと、なんでこれがコールデコット賞を
取ったのだろう?と自分は疑いました。
イラストが評価を受けているようですが、自分には小学生が書いた落書きのような絵に
見えてあまり受け入れられなかったです。

大人の変な、視点で見過ぎなのでしょうか?

内容も、ほのぼのとした有り触れた内容、「窓」をテーマに
ほんわかとした幸せな雰囲気を醸し出しています。
「なんだか、のんびりしてて、いいよな~」って逆に羨望のまなざしで見てしまいました。

小さいお子様や、表紙の絵のタッチが物凄く可愛いという人には
本棚に飾っておきたい本として、受け入れられると思います。
確かに、こういう本が家にあって何度もパラ見すると気分がいいですね。

ただコールデコット賞の金賞というのは受け入れがたいです…

The Hello, Goodbye Window (Boston Globe-Horn Book Honors (Awards))