2004年、コールデコット賞オナー賞の作品です。
私はこの作品はかなり気に入りました。
☆4つにしましたが、4.5ぐらいの雰囲気です!

What Do You Do with a Tail Like This?
What Do You Do with a Tail Like This?Steve Jenkins

Sandpiper 2008-03-18
売り上げランキング : 6796

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:2,973 / YL:2.0 / オススメ度:★★★★☆


私がこういった物知りネタが好きだからでしょうか?
かなりわくわくして読みました。動物ドキュメントとか好きな方は楽しめます。

絵本を通して動物たちの不思議な生態を知ることが出来ます。

タイトルのように「What Do You Do with a Tail Like This?」として
動物たちの、尻尾だけのページがあってその次のページに
その説明がある構成です。

「eye」「ear」「mouth」など、いくつかの紹介があります。
「ear」の項目で、こうろぎ/cricketの「ear」の絵にはドキッとしました。

絵本として優秀なのは、絵といっていますが、
動物たちの絵は紙細工で出来ています(コラージュというのでしょうか?)
これが、うまく出来ているんですよ!

動物の単語を知らなくても絵があるので、見て分かるということで
英語初心者にもオススメできます!
子供と一緒に読んでも楽しめる構成ですよ!

内容も、「そうそれ知ってる!」って事から、
知らなかった面白い動物まで様々です!

最後の方のページでは登場した全ての動物に関して、
詳細説明をNoteとして書いています。
さらに動物に詳しくなれるのでそちらも読みましょう!

What Do You Do with a Tail Like This? 
▲私はかなり気に入りました。家に置いておきたい作品!